スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ネフトアレンジその1 ~先輩からの依頼~

こんにちは。ネフト職人みぃごです。

いきなり初回から思いついたアレンジではなく先輩(K.M先輩)から依頼された
ブレスレットへのネフト取り付け加工です。

今回は初回ということでちょっとネフト取り付け加工の説明も
含めつつ写真多めでいきます



ネフト、ネフトと言っていますがネフトって何?という方がほとんどだと思います。
ネフトはみぃごの働いている株式会社ピースが特許を取得して製作している
指先にやさしい留め金具の総称です。
株式会社ピース:http://www.pe-ce.co.jp/



はい。宣伝付きの解説も終わったところで本題に入ります。

⇓先輩から預かったブレスレット⇓
1.jpg
いつも作業で使用している作業台で撮影したので後ろが傷だらけで見難いですが
ご了承ください。





見た感じだと何かのネリ系だったので穴あけできると判断して
作業開始。

ネフトの特徴の1つとして「既定サイズの穴があれば留め金具に加工可能」という特徴があります。

現在規格として主に製作しているネフトは球の穴から穴を測って
直径が7.0ミリ~8.0ミリ程度に対応しているものなので、まずは球のサイズ確認
2.jpg
7.68ミリ。8.0ミリ以内だから問題なし。
早速穴あけ加工開始です。




石の穴あけ作業をする際は水をつけながら行います。
水がない状態で作業をすると割れ、カケ等の原因になります。
そして何より水がないと石を持っている手が熱い!
3.jpg
理由は色々あるので
とりあえず水をスポイトでちょっとつけて・・・




相棒のルーターちゃんで・・・
少しずつ削ること約30分
4.jpg




無事に穴をあけることに成功
5.jpg
この時の穴の直径は規格のネフトの直径が3.5ミリなのでそれより大きく
ブカブカになりすぎない程度で。




ここでネフトのご登場です。
15.jpg
このネフトはアマゾンで販売中です。
CR-001R-001:3.5ミリ樹脂パール使用ネフトクラスプロジウムメッキ仕上げ
はい。宣伝でした。




ネフトは本体パイプとピンで構成されています。
3.5ミリ程度の穴はこの本体パイプ側を埋め込む為の穴になります。
今回は瞬間接着剤で接着してしまった為、パイプを接着している写真を撮影している
余裕がありませんでした。




アマゾンで販売しているパッケージ品をそのまま使用すると
9.jpg
こんな感じです。
しかしこれでは先輩のブレスレットに組み込むと樹脂パールが。。。




ということで8.0ミリ程度の球用に長いピンを作成。
それに接着剤を着けて・・・
8.jpg
こんな感じ。




これであれば違和感なく良い感じです。
10.jpg


あとは他の球と連組みするだけです。


11.jpg
完成




ちょっと商品撮りっぽくライトをあてて撮影してみました。
12.jpg
13.jpg
14.jpg


かなり長くなってしまいましたがここまでお付き合い頂きありがとうございました

ではまた思いついた時まで~

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。